教育資金いくら

子供が小学校から中学校へ進学する時に、そこが公立中学校か
私立中学校かで教育資金は随分と違ってきます。

更に、高校進学、大学進学に於いても私立を選択した場合には、
公立に通った場合に比べて数百万円の教育資金が余分にかかります。
教育費が具体的にいくらかかるのかは、子供にどれくらい教育費を
掛けられるのかによって変わって来ますが、
受験料や入学金、授業料、教材費などの学校の費用以外にも、
塾代や模試費用、交通費などの費用が発生します。
当然ですが教育資金貯蓄をしておくことが得策です。しかしかかる費用が
わからないと貯蓄するにも不透明。やはりどのくらい必要かを知り逆算したほうが
お金は貯めやすいものです。教育資金平均などを参考にしたり、どういった生活
をしたいのかをプランニングしていくことはとても重要と言えるでしょう。

中学校でかかる費用

中学校の三年間でかかる費用は、
公立中学で約130万円、
私立中学で約390万円と言われています。

塾に通う場合は、これにプラスして毎月平均4万円から5万円の費用が上乗せされます。
年間、50万円以上もの学校外教育費となるわけです。

高校でかかる費用

高校への進学は、公立の場合は授業料無償化や私立高校でも
就学支援金などの導入で安くなって来ました。
それでも、高校の三年間で
公立は約120万円、
私立で280万円程の費用がかかります。

大学でかかる費用

更に、大学での費用は国立大学を卒業するまでに
四年間で約240万円かかり、
私立大学では文系で約390万円、
医歯系だと六年間で約2300万円にも上ります。

交通費や下宿費用を考えると、月々の必要経費も大きなものになって来ます。
これらの教育資金は、計画的に貯蓄をしていかないといざと言う時に困ってしまいます。
高校受験や大学受験までに、それぞれいくらの貯蓄が必要なのかを計算し、
把握しておく事をお勧めします。
また、入学までに資金が蓄えられなかった場合は、
銀行の教育ローンや奨学金制度があるので、それらを利用するのも一つの方法です。