教育資金平均

教育資金に頭を悩ませる家庭は少なくありません。
習い事や塾などを考慮すると、必要な学費や養育費には大きな開きがありますが、
一般的な平均値で見ると、小学校から大学までで
子供一人当たりにつき1000~2000万円程度かかるといわれてます。

これに加えて普段の食費やお小遣いなども必要になりますので、
実際に養育するためにかかる費用はさらにかさみます。
このような状況から、教育資金を学資保険などで積み立てて貯蓄する家庭も少なくありません。

学資保険や積立だけでは足りないケースも多い

しかし、それでも実際に子供が進学するにつれて資金不足に陥ることも多く、
各種借り入れを利用しながら進学させているところがあります。
大学の場合は奨学金を利用したり、教育ローンを使うことが多いですが、
中学、高校あたりから既に資金不足になっている場合には、
専用のローンがなかなかありませんので、キャッシングでその都度不足分を補う
という方法もあります。

キャッシングは、利用限度額の範囲内で自由に追加借り入れや
繰上償還ができるシステムですので、急にまとまった費用が発生した場合でも、
すぐに用意してあとからゆっくり返済することができます。
利息は日割り計算ですので、早めに返済すると金利もそれほど高くならず、
計画的に使うと非常に便利なシステムです。

使い道も自由ですので、学費だけでなく、部活や塾、習い事などの勉強以外にかかる費用の
補填にも利用でき、子供にいろいろな経験をさせることができます。