教育資金貯蓄

子供は家族にとって大切な存在ですが、養育費、特に教育資金に
頭を悩ませている親は少なくありません。
仮に小学校から大学まで、全て国公立で進学したとしても、
塾やクラブ活動、制服、教科書などを含めて、
子供一人当たり1000万円を超える資金が必要になるといわれています。

子供が大きくなる高校、大学までに教育資金の蓄えるのが基本

特に必要になるのが高校や大学に入ってからですが、
このころになって急に貯蓄を始めても当然間に合いませんので、
理想としては子供が生まれたらすぐに、学資保険や積立などで教育資金を
蓄えていくのがおすすめです。

しかし、子供が成長するまでには急にまとまった現金が必要になったり、
収入が減少するなどの突発的な事情が発生することも多いため、
いざというときに貯蓄が不足していることもよくあります。

蓄えで足りない分は教育ローンや奨学金を利用する

そのため、教育ローンや奨学金などを使う家庭も多いですが、
これらの使い道はある程度限られており、
例えば、大学でサークル活動をするための費用や、高校で塾に通うための費用など、
これらのローンが使えないケースもあります。