フリーローンの「金利」とは

現代の社会においてお金を借りる方法というものは
多く存在していますが、使用用途が限られないお金の借入として扱われるのが
「フリーローン」というものになります。

使途自由のフリーローン

フリーローンは消費者金融や銀行のローンなどが存在しており、
これらから資金を借り入れる場合、その使用用途には制限が課せられません。

この点に関していえば自動車の取得費用にしか利用できない「マイカーローン」、
住宅の取得費用にしか利用できない「住宅ローン」などと比べると
非常に勝っている点であるといえるでしょう。

金利については目的ローンよりは高めに設定

ですが注意しなくてはならないのが、こうしたフリーローンは一般的に、
使用目的の決まっているローンよりも金利が高く設定される傾向があるということです。

フリーローンは銀行と消費者金融の二種類存在する

またフリーローンに関しては銀行が行っているものと
消費者金融が行っているものの二種類が存在しており、
傾向的には消費者金融によって行われているフリーローンの方が
金利は高く設定されています。

その反面銀行系のフリーローンでは金利は低いものの、
借入に際しての審査が消費者金融の審査と比べると若干厳しい用件が
設定されていることが多いため、どちらにも一長一短があるといえるでしょう。

基本的にフリーローンの場合、その金利は「実質年率」という形で表現されています。
これは一年間資金を借り入れていた際にどれほどの利息がつくかということを
表現してもいるため、どの金融機関から借入を行うかということを
決定する際には非常に重要となります。
また現在においては借り入れる金額によってこの実質年率が
変動するということも一般的なこととなっていますので、
まとまった金額の借入を行いたいという際には、直接店舗に赴いて
担当者に相談をするというのがより無難であるといえるでしょう。
フリーローンは突然資金が必要になった場合などにおいて
非常に便利な存在となってくれます。ですがこれはあくまでも「借金」であり、
借りる以上は返済の義務が生じるということは注意しなくてはなりません。