学資保険について

子供の教育資金を考える場合に、特にまとまった金額が必要となるのは、
なにかと出費がかさむ入学時に加え、やはり大学進学時の初年度です。
こういった時期に合わせて、加入者が保険料や祝い金を受け取れる、
積み立て型の保険が学資保険です。

学資保険は、終身保険、定期保険、養老保険等の死亡保険と同様に生命保険に分類され、
毎月一定額の保険料が引き落とされる代わりに、満期を迎えた際に保険金を受け取る
ことができるというものです。

返戻率とは

たいていの学資保険は、大学進学時期となる
18歳(17歳のものや22歳のものも)を満期として、
小、中、高の入学時には、お祝い金が支払われるものなどがあります。

また、万が一親が死亡してしまった場合にも、それ以降の保険料の支払いを免除としながら、
満期時には保険金が受け取れたり、
育英年金が受け取れるなどの保障があるものなどがあります。

支払う保険料の総額と、満期保険金と祝い金などの受け取ることができる金額の比率を
返戻率といいこの数値が大きいほど、契約者にとって有利であるといえます。

・返戻率の計算式
(満期保険金+お祝い金)÷ 払込保険料総額×100 = 返戻率

貯蓄が苦手な場合は学資保険

学資保険のメリットは、満期時や入学時を目標として確実にお金を貯めることが出来る点。
デメリットはといえば、口座から引き出して使ってしまうということが出来ない点でしょうか。
預貯金の場合は、もちろんいつでも口座から引き出して使うという選択も可能です。
こういった点から考えると、通常の預貯金ではついつい使ってしまって、
貯蓄できそうにないという方が、確実に教育費用を貯蓄したいという場合には、
よい選択肢だといえます。

もちろん返戻率が高いもののほうがよりお得ではありますが、
親の死亡保険などの保障が増えるほど、返戻率は低くなる傾向にあります。
元本割れしてしまうケースも珍しくないのが学資保険ですので、
そういった点では注意が必要だといえるでしょう。